夏の肌 トラブル

夏の紫外線や冷房の乾燥は肌の老化の大敵です

夏は暑く強い紫外線が降り注ぎ、室内は冷房で乾燥し、肌は思っている以上にダメージを受けてしまっています。
この肌のダメージをそのままにしておくと肌はどんどん老けてしまいます。
夏のトラブルは夏のうちにメンテナンスしましょう。

 

一言で夏の肌の悩みといってもいくつかの種類に分けられます。
それぞれの悩み別にメンテナンス方法を紹介しますね。

 

乾燥・保湿の悩み

夏の肌 メンテナンス

高温多湿な時期で汗や皮脂が過剰に分泌し表面がべたつき、これを潤いと勘違いして保湿に手を抜きがちです。
肌の内部はカラカラですので水分をしっかり入れ、油分でフタをして十分な保湿をしましょう。

 

肌がごわごわして硬くなってしまっていると感じたら、肌の防御作用(強い紫外線から肌を守ろうと)が働いて、角質が厚くなってしまっています。
美容液などのスキンケアの浸透を妨げてしまい、角質ケアをしないと毛穴がつまり、くすんだ肌になってしまいます。
肌に潤いが残せるクレンジングミルクが皮脂を取りすぎないので肌にやさしく、角質ケア効果のある洗顔料を使ってみるといいです。
クレンジングオイルを使っているのでしたら、週1程度に。

 

メイクをしても夕方には肌の色がくすんでしまうのは、角質層の水分が蒸発してしまい保湿がされていないためです。
一日中透明感がある肌にするには、油分で潤いを閉じ込めることが効果的です。
夏はジェルクリームが軽い感触で、肌の奥まで潤いを届け弾力肌にしてくれるので使いやすいと思います。

 

頬は乾燥していてもTゾーンはべたつきがちです。
皮脂量によって部分的に乳液の量を変えてみてください。油分で閉じ込めることを怠ると水分は蒸発してしまい保湿ができません。
油分のフタをして、乾燥から肌を守りましょう。

 

潤い不足だとほうれい腺が出てきてしまい、シワが目立ってきてしまいます。
紫外線やエアコンによる冷えなど、ダメージが重なり、肌はお疲れ気味です。
マッサージをして固くなった肌を柔らかくしリラックスさせ、ほうれい腺をできにくくしてあげましょう。

 

肌の潤いに欠かせない皮脂ですが、夏の皮脂は暑いから面倒、潤っていると思い、肌を老けさせてしまいます。
夏は2倍の皮脂がでるので、肌表面のべたつきで肌が潤っていると勘違いして保湿をしなかったり、暑くて汗で流れてしまうから保湿をしないでいると、肌の中は乾燥状態になっています。
今からでも保湿をしましょう。

 

 

日焼け・紫外線の悩み

紫外線が強いから外出したくないのに、レジャーや旅行など外出が多くなりますよね。
日焼け止めを塗ったのに日焼けをしてしまったなんてことないですか?2〜3時間おきに塗りなおしが必要です。
夏は髪を縛る機会が多く、耳の後ろや首の後ろにも日焼け止めを忘れずに塗りましょう。
サンダルを履くことも多いですので、足の甲にも忘れずに。

 

日焼けで肌が赤くなってしまったら、それはやけどの状態と同じなので冷やすといいです。
冷蔵庫に化粧水やシートマスクを冷やして使うのも効果的で、手でやさしく保湿します。肌に刺激を与えるのはよくないのでコットンは使わずに。
ほてりを抑え、栄養を与えたら、美白コスメを肌に入れて美白を取り戻しましょう。

 

室内にいることが多いので紫外線にはあたっていないと思っていても、日焼けした感じがするのは、ガラスを通って紫外線A波が室内に入ってきているからです。
紫外線B波よりも有害ではないのですが、長い時間浴びていると肌にはよくありませんので室内でも日焼け止めはしましょう。

 

紫外線を浴びることは毛穴・角質にも良くありません。>>毛穴や角質のケアもお忘れなく

しみ・ソバカスの悩み

シミは出来るとなかなか消すことができませんので、できにくくするために入念なケアをしましょう。
UVカット効果が高い日焼け止めで肌を守り、しみを作らせない肌に、さらに美白美容液でしみ・ソバカスを失くし、ワントーン明るい肌にしたいですね。

 

美白コスメは夜寝る前だけでなく、朝も使ったほうが効果的で、保湿ができていないと美白効果が出にくいので保湿はしっかりやり、美白コスメは持続使用で効果があらわれるものがほとんどなので根気よくやってみてください。

 

夏の枯れた肌をメンテナンス

夏、紫外線を浴びた肌は肌がザラザラしたり、ファンデーションが浮いたりしがち。夏は紫外線だけでなくエアコンの冷気によって負担がかかっています。この影響が出るのが夏の時期なんですね。

 

まずは自分の肌状態をチェックしてみましょう。キメ、毛穴、夏にどんな環境に置かれているかを把握。

 

日焼けした場合は、ビビッドな色の口紅や洋服が合わなくなります。肌色がワントーン暗くなっています。また日焼けダメージは唇の上にあらわれやすいといわれています。唇の上が硬くこわばっているようなら、日焼けしている証拠です。ターンオーバーが乱れて古い角質がたまると肌が硬くなるので、その目安になります。

 

くすみ

どんよりと暗い肌色は疲れてみえるだけでなく、老けてみえる原因にも。夏の間の日焼け、ちゃんとリセットできていますか?

毛穴

肌に触れるとブツブツ、ザラザラした感触があるのは角栓毛穴が育っています。メラニン毛穴はいわゆるいちご鼻状態で、小鼻に集中することが多いゾーンです。こめかみを引き上げると消えるのがたるみによるエイジング毛穴。肌弾力がなくなったり、老廃物がたまると毛穴が下に引っ張られて帯状に広がります。老廃物をきれいにするだけでもエイジング毛穴は改善されます。

ごわつき

顔に触れると、角質が多いヒジのような感触がするのは古い角質がたまってしまっています。

乾燥

キメをチェックしてみましょう。セロハンテープをこめかみに貼ってからはがします。そのセロハンテープを透明なガラスなどに貼るとキメの様子がわかります。きちんと潤った肌は角質ひとつひとつの形が整って網目状。乾燥している肌なキメが浅かったり、溝が一方方向にはしっているのが特徴です。三角形があまりないのは乾燥している証拠といえるでしょう。

疲れた夏肌におすすめのスキンケア方法

日焼け肌をリセットするスキンケア方法を紹介します。

 

・アロエはやけどだけでなく日焼けにも◎
アロエは赤みをおさえてくれるのでヒリヒリした炎症をおさえることができます。消炎効果があるんですね。日焼けしたら軽く冷やしてから塗ってみましょう。皮がむけずにすみますよ。もちろん顔だけでなく、首や肩、背中などにも。アロエは育てておけば必要な時に切り取ってつかえるので育ててみるのも良いかも。

 

アロエなんて育てられるの?!と思いますが、便利な栽培キットがあるみたいです。私はよくコテで火傷をするのですが^^;そういう時にも使えるので育ててみようと思ってます。

 

・外からだけでなく内側からアプローチ
どうしてもスキンケアだけに着目しがちですが、体の内側からもケアをすると更に効果的!今流行りの酵素ドリンクはダイエットだけでなくデトックス作用による美肌効果も期待!美容成分入りの酵素ドリンクを選べば、飲んだ翌日の肌が変わっていることに気付くと思います。

 

・美白マスクでしっかり集中ケア
紫外線ダメージをケアしてくれる成分が入ったぜいたくマスクでスペシャルケアを。特にほてった肌をおさめるのに欠かせません。しっかりと密着するのでテレビをみながらあいた時間にできるのが◎。

 

・おうちに着いたらすぐにコットンパック
紫外線を浴びちゃった!という日は帰ったらすぐに化粧水でのコットンパックが良いです。ひんやりと気持ちよくクールダウンして炎症が落ち着きます。もちろんカサカサになった肌への保湿効果もあるので一石二鳥。もう外出しない〜という日はすぐにメイクオフしてコットンパックがGoodです。

 

・高級美容液をスポット使いする
毎日使うのは躊躇するけど、ちょっと高い美容液をひとつ持っておくとここぞという時に集中ケアができます。ラインで買うのは無理でも、美容液だけなら心理的ハードルが低いので、買えるかも?
参考:できてしまったシミ用の化粧品

 

・食べ物にも気をつける!
紫外線に対抗する力をつけておくことも必要です。ベータカロテンが豊富な野菜は抗酸化力を高めてくれるので普段から意識して摂取するようにすると、紫外線に強い肌になります。代表的なものはトマト、にんじんです。トマトにはリコピンというメラニン生成をおさえる成分が入っているので積極的にとりたい食べ物ですね。いろいろなメニューにも使えるので便利♪⇒食事の面からもメンテナンスを

 

・拭き取りローションを活用
拭き取りローションは、肌の汚れを取るだけでなく、スキンケアの美容成分の浸透効果を高めます。特に夏はひんやりとしてさっぱり気持ちいいですね。コットンに含ませて顔をささっと拭きとるだけなのでひと手間かけてあげるだけでその後の肌も変わりますよ☆

 

ふきとり化粧水の紹介

ふきとり化粧水は専用のものを使用したほうが良いです。使用後、あまり顔がパリパリしないのを選びましょう。洗顔後使うとスキンケア効果も倍増です。